徳島でみれない映画を見る会 掲示板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[664] フェイブルマンズ 投稿者:映画ファン 投稿日:2023/03/08(Wed) 07:09  

スピルバーグの新作「フェイブルマンズ」をイオンシネマで観た。
自伝的な映画ということでアカデミー賞候補にも挙がっている。
ところが狭い部屋で、観客はボク一人だった。
事実とどうなのか気になるところだ。
生まれて始めてみた映画「史上最大のショー」の列車の衝突シーンに魅せられて
プレゼントの模型列車のショートツを父親の8ミリで撮ったのが映画撮影の第1作。
それから母親の不倫?、転校先でのユダヤ人差別……などを経てテレビ局に就職するまでが描かれる。
ウィキペディアで調べると、そのようなことが実際にあったようだが、もちろん脚色もあるのだろう。
自分の体験を入れているから、何となく話の展開が変版になっているような気もした。
これはアカデミー賞は無理かな。
途中、おそらく部屋を間違えたようなおばさんが入ってきて、スマホをつけて、すぐに出ていった。
一人試写会の贅沢な時間でした。


[663] エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス 投稿者:映画ファン 投稿日:2023/03/07(Tue) 08:08  

アカデミー賞最有力候補との評判の本作を観てきました。
正直な感想は・・・・・
よく分からない。
中国移民のコインランドリー経営者。
春節パーティーの準備に忙しい。
夫は離婚届の書類をもって妻に相談をしようとしている。
娘はレズビアンでメキシコ系の恋人がいる。
家族で国税局へ書類を提出に。
アメリカ人の監督官は書類の不備を突いてくる。
夫は妻の耳に機会を取り付けて
それで一気に別の世界へ飛ぶ。
そこで姿を変えた税務署とカンフーで戦う。
何のことかわかりますか???
ネットのネタバレなどを見ると、いろいろと深い内容があって
分かる人には面白くて仕方がないらしいが
ちょっとマトリックス風で、僕は駄目だった。
ただ見せる迫力はある。
ほかの人の感想を知りたい。



[662] ゾッキ 投稿者:映画ファン 投稿日:2023/03/04(Sat) 07:14  

WOWOWで「ゾッキ」という映画と「裏ゾッキ」という、そのメイキング映画を観ました。
愛知県蒲郡市出身の漫画家の描いた漫画が原作です。
ゆるい内容のギャグマンガです。
竹中直人・山田孝之・斎藤工の共同監督という豪華版。
オムニバス風の作りになっていますが、そんなに面白くは正直なところ感じませんでした。
むしろメイキングの「裏ゾッキ」の方が面白い。
蒲郡市の市役所・商店・市民が全面協力でバックアップしている。
もうまるでお祭り騒ぎ。
ちょうど撮影と公開がコロナ禍にかぶさり、そういう中でやっと地元公開されるところは、ちょっと感動的です。
映画の出来とかそういうのじゃなくて、地元で映画を作って公開されるということ自体の楽しさというか。
映画というのは、作るだけじゃあだめで、公開してお客さんに見てもらえて成立するもの。
そういう映画の本質を感じさせるメイキングでした。
こういうのは、この映画をみる会にも通じますよね。
月1回、シビックセンターで1本の映画を公開することは、映画作りの過程の最終段階だと。
誇りをもって、この活動に参加しています。


[661] 映画ドットコム 投稿者:映画ファン 投稿日:2023/03/03(Fri) 06:53  

「桜色の花が咲く」は映画評価サイト-映画ドットコムで
4.0nの高評価です。
このサイトで、4を超える評価は1年を通じてそうあるものではありません。
これは楽しみ。


[660] お花見(3年ぶりの) 投稿者:事務局 投稿日:2023/03/02(Thu) 07:16  

お花見も4/2(日)で決定です。
12:00城山公園徳島城博物館門前集合。
飲食物は持参のこと。
当日は阿波踊りのイベントもあり混雑が予想されることもあり、集合の際、相談で場所を移動する可能性もあります。


[659] 懇親会(3年ぶりの) 投稿者:事務局 投稿日:2023/03/02(Thu) 07:12  

3/19(日)の総会後、久しぶりに懇親会を開きます。
開場は、駅前の一鴻を予定。
参加希望者は事務局までお問い合わせください。


[658] 6月例会作品決定! 投稿者:事務局 投稿日:2023/03/01(Wed) 08:04  

6月例会の作品が決まりました。

6月18日(日) 徳島市シビックセンターさくらホール

「桜色の風が咲く」(日本 1時間53分)

東京大学先端科学技術センターでバリアフリー分野教授を務める福島智さんとその母・令子さんの軌跡を描いた伝記ドラマ。
9歳で失明し18歳で聴力を失った男性が母親と編み出した独自のコミュニケーション手段を使いながら未来を切り拓く。

実はこの作品、ufotableCINEMAで1/6(金)〜19(木)まで上映されました。
既にご覧になった会員さんもいるようです。
実は私も見て、すごく感動しました。
ところが館内で鑑賞していたのは私一人。
別に見た会員さんも一人ということでした。
こんないい映画が、ほんのわずかの人の目西か目に触れないまま終わってしまうのは、あまりにももったいないとつくづく思いました。
それで厳密にいえば「徳島でみれない映画をみる」という本会のコンセプトにはひっかかるのですが、あえて取り上げることにしました。
以前にも何作か、こういう場合があり、既に観られた方には申し訳なかったのですが、やっぱり良い映画は好評でした。
既視の会員さんは、もう一回感動を味わってもよし、お友達に譲られてもよし、有効にご活用ください。
いい映画は、2回観たら、また新しい発見もあるものです。
私は「Shall we ダンス?」を5階くらい観て、そういう経験をしました。


[657] 運営委員会 投稿者:事務局 投稿日:2023/02/28(Tue) 07:09  

昨夜、委員会でした。
少ない人数でした。
6月は「桜色の風が咲く」で交渉することになりました。
1月にUFOで上映されていますが、最近どうも観客数が落ちている感じで
見る人が少ないまま終わらせるのはもったいないという思いで取り上げることに。
その他、総会後の懇親会、前に行った「一鴻」になりそうです。
お花見は4/2。
当日は阿波踊りもあって人出が増えそうですが。
まあ、もうコロナも大丈夫かな……









[656] ケイコ目を澄ませて 投稿者:事務局 投稿日:2023/02/26(Sun) 07:19  

キネマ旬報ベストテン1位、主演女優賞、助演男優賞、読者選出監督賞4冠獲得の
「ケイコ目を澄ませて」
なかなか映画館にかからないので
これは「徳島でみれない映画」になりそうだと思っていたら
何と3/31からUFOtsbleCINEMAで上映することが分かりました。
事務局では配給会社にメールを送って上映するつもり満々だったのに
ギリギリのところでこういうことになってショックです。
ただUFOの上映ではほとんど人が来ないことも予想され
そういう映画なら、会で取り上げてもいいというスタンスもあるので
これは月曜の運営委員会で話し合われることになります。
結果は後日。
あ〜会でやりたかった。
今でもやる気満々です。


[655] モルエラニの霧の中 投稿者:映画ファン 投稿日:2023/02/25(Sat) 07:18  

こういうことは一度口に出して言っておきたいと思って。
「モルエラニの霧の中」という映画があります。
監督は坪川拓史。
「ハーメルン」という映画見たことがあります。
面白かったですが一般受けはしないでしょう。
徳島新聞では、いろいろな形で3回記事になりました。
というのも故・大杉漣さんが出ているからです。
全国21ヶ所で上映。
でも徳島では未公開。
内容と3時間半以上(7部構成で大杉さんはその一つの主役)の上映時間がネックです。
小松島でも上映してくれたら、全国にファンが多いから、けっこう見に来る人はいると思うんだけど。
そんなこと考えてくれる日とは一人もいないみたいです。
昨日ミリカホールの運営委員会に行ったんだけど、とてもそんなことは言い出す雰囲気ではなかったです。
文化庁の優秀映画上映も、昨年あまりにも参加が少なかったから、今年は応募しないし
企画もアイドルとかホラーとか、ただ人が集まりさえすればいいというような感じ。
こんなんじゃあ、大杉漣も忘れ去られてしまいそうで、
大杉さん、生前はあんなに徳島県や小松島市を訪れて映画や音楽をやってくれて盛り上げてくれていたのに
申し訳ない気持ちです。
同じ考えの人、どこかにいないかなあ。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -