徳島でみれない映画を見る会 掲示板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[321] 決戦は日曜日 投稿者:映画ファン 投稿日:2022/01/08(Sat) 07:26  

いよいよ待ちに待った2022年初映画館です。
イオンシネマに朝8:45から「決戦は日曜日」を見に行きました。
昨年来「君は総理になれない」とか「パンケーキを味見する」とか「総理の夫」とか政治家を取り上げた映画が封切られましたが
これも父親が病気に倒れ、ひょんなことから国会議員に立候補することになったネイルサロン経営の甘やかされた娘の選挙体験記。
「総理の夫」が何か甘〜い夫婦ものでがっかりさせられたが、これは予告編も見て、大いに笑えそうなものではないかと思ったのだが
実際に見てみて、けっこう本格的に選挙の実際の裏側を描いていて、実は吃驚した。
地域の実力者とか支援者、利権を巡る争い、政策とか国民のこととかまったく関係なしに動いていく政治の世界。
それにうんざりする立候補者の宮沢りえと秘書の窪田正孝。
これは、今年最初から、すごいものを見たという感じでした。
もっと話題になって欲しい映画です。
「民自党」だなんて明らかに某政権党をもじったネーミングなど、この制作者はけっこう大胆です。
エライ人からクレームでもついたら話題になってヒットするかも。
しかし、今のところ、ほとんど無視、誰にも気づかれないような状態かも。
こういう腐敗が腐敗ではなく、当たり前になっている社会に、もはやうんざりしています。
ぜひ、今、政治に不安や不満を持っている人にみてほしい映画です。
こういう映画をぜひたくさん作って見せて欲しいと思っています。


[320] オミクロン株 投稿者:映画ファン 投稿日:2022/01/07(Fri) 06:57  

昨日、徳島でも7人の感染者。
入院中のHさんから連絡で、親戚以外の面会は禁止になりました。
会えるのを楽しみにしていたのに、残念です。
しかし、今流行りつつあるオミクロンは、普通のインフルエンザに近いものであり
世界最初に見つかったら南アフリカは、もうピークを過ぎたらしい。
何となくパッと拡大して、パッと収束するのでは。
何も確信はありませんが、そんな期待をしています。
今年は例会の中止が1回もありませんように。
Hさんも早い回復を願います。


[319] 5月例会の作品決定5月例会の作品決定 投稿者:事務局 投稿日:2022/01/07(Fri) 06:52  

5月例会の作品が決まりました。

5月8日(日)
徳島市シビックセンターさくらホール

「かば」(日本 2時間15分)

実在した教師がモデルのヒューマンドラマ。
1985年、大阪西成区の中学校。
差別と偏見、貧困問題から生徒たちは荒んだ学校生活を送っていた。
臨時教員の加藤は生徒に受け容れてもらえず。
先輩教師の蒲は得意の野球で生徒と向き合うように勧める。

ボクの知り合いはこの映画をみて「すごく感動した」と言っていたので楽しみです。



[318] 黒澤明BS1番組 投稿者:映画ファン 投稿日:2022/01/04(Tue) 07:02  

2020年に初放送されたものの再放送の黒澤明の映画作りを取り上げた番組を録画しました。
「乱」の撮影を記録したVHSの記録映像が見つかったというのがきっかけです。
インタビューで懐かしい俳優さんなどが出てきます。
仲代達矢、井川比佐志、山崎努、山田洋次、評論家の佐藤忠男、野上照代など。
黒澤明研修会が会誌に収録するために録音したカセットテープには
志村喬、千秋実、三船敏郎など。
そう言うのを見たり聞いたりしているだけで楽しくなります。
新年も4日になりましたが、未だ映画はみていません。
早く映画をみたい。


[317] 新年あけましておめでとうございます 投稿者:事務局 投稿日:2022/01/01(Sat) 07:44  

会員のみな様、HPをご覧になっているみな様。
2022年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
去年は、年間入会数が退会数をわずかに上回り、一応会員微増です。
今年もこの調子で進むことを願っています。
HPでも、投稿してくださる方が増えることを願っています。
年賀状を書いていた頃に使わせてもらっていた石川啄木の短歌を。

  何となく
  今年はよいことあるごとし
  正月の朝、晴れて風なし

病院で?新年を迎えているHさん、お元気ですか?(病院で元気なわけないか)
心は元気で。
正月が明けたらF氏と窺います。
お見舞いは何がいいですか?


[316] 大晦日 投稿者:映画ファン 投稿日:2021/12/31(Fri) 07:07  

いよいよ2021年も最終日を迎えました。
1年間、御苦労様でした。
明日から2022年。
来年のことを言うと鬼が笑うといいますが来年のことを。
来年は1月早々、映画館は、面白そうな映画が目白押しです。
ボクの1月映画スケジュールを紹介します。

1/7(金)〜「決戦は日曜日」(イオン)
     「サヨナラアメリカ」(ufo)
     「スウィ―トシング」(ufo)
1/14(金)〜「グランマッチョ」(イオン)
     「ハウスオブグッチ」(イオン)
     「フォーリング」(ufo)   
1/21(金)「ボストン市庁舎」(ufo)
     「皮膚を売る男」(ufo)
「truth」(イオン)
     「Cordあいのうた」(イオン)
1/28(金)〜「フレンチディスパッチ」(北島)
      「ダークアンドウィケッドケッド」(北島)
      「ダヴィンチは誰に微笑む」(ufo)

コロナが早く収束しますように。


[315] Re:[314] 会場の訂正 投稿者:事務局 投稿日:2021/12/29(Wed) 07:08  

ご指摘、ありがとうございました。
行き届かないことも多いので、ダメダシよろしくお願いいたします。

> 2022年定期総会の会場に誤りがあったので訂正しておきます
> シビックセンター活動質1→シビックセンター活動室1
> さくらホールと同じ4Fにあります


[314] 会場の訂正 投稿者:クルルッピ 投稿日:2021/12/28(Tue) 11:04  

2022年定期総会の会場に誤りがあったので訂正しておきます
シビックセンター活動質1→シビックセンター活動室1
さくらホールと同じ4Fにあります


[313] 河瀬さんの番組 投稿者:映画ファン 投稿日:2021/12/28(Tue) 08:02  

NHKBS1の河瀬さんの密着ルポ、最後まで見ました。
とてもよかったです。
スタッフも悩んでいて、政府が望むようなプロパガンダ映画になってしまわないかと懸念、悩みつつ映画を作っているというのが出ていました。
テレビなどでコメントすると河瀬さんに対してSNSのクレームがたくさん来るそうです。
撮影をしながら映画がどういう方向に進んでいくのか試行錯誤しながら、議論しながら映画作りは進むという感じが非常によく分かりました。
フィクションでないドキュメンタリーだからこその悩み迷い、醍醐味だと思います。
競技だけでなく、コロナ禍(今思い返せば、今までで最も感染が広がったときにオリンピックはやっていたことになります)の町の人々、
オリンピックに反対の人々、医療現場の人々も、後輩の映画監督に取材させていました。
本当にどんな映画に仕上がるか楽しみです。


[312] 骨折 投稿者:事務局 投稿日:2021/12/28(Tue) 07:22  

年末年始は郵便が滞るので年末のうちに1月例会の発送作業。
いつも顔を見せるH君の姿が見えません。
何と仕事中に骨折で入院したとか。
足の踵の骨折で入院は長引くとか。
いつも裏方の体力仕事には積極的に参加してくれていた彼。
これは大きな戦力不足です。
しかし、何はともあれ早く回復してもらうことが一番。
お正月は病院で迎えるのか。
体が快方に向かい、同時にいい年を迎えられることを願っています。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -