徳島でみれない映画を見る会 掲示板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[341] 長編映画、体験 投稿者:映画ファン 投稿日:2022/01/26(Wed) 07:33  

「ボストン市庁舎」みてきました。
4時間を超える長編なので1日1回2:15からの上映のみです。
自分なりに話題なので、混まないかなと心配していましたが
ボクがチケットを買ったときは1人のみでした。
市役所割りもあるので、映画館に入ってくる人を見る度に、役所風の人だなあとか思いました。
しかし、結局1/25(火)の鑑賞者はボクを含めて男性3人。
気合いを入れて席に着きました。
見始めて、民主主義の国だからか、市長はじめ、いろいろな会議などで一人の人がよく喋ること喋ること。
字幕についていくのが大変で、気がつけば、ぼ〜っとしている自分に気づく始末。
時々うとうともしていたかも。
何か休憩がまちどおしくなったくらいです。(半ばで10分の休憩)
休憩でトイレに行きました。時計を見ると4:30過ぎ。
さあ、後半。
後半で、他民族が棲む下町に中国系の人が店を出す説明会があって、そこでいろいろ外国系の人から意見があり
結局、お互い納得いくまで話し合おうと結論するところ、すごく感動しました。
最後の市長の演説もよかったです。
戦争体験といえば日本では第2次大戦ですが、アメリカでは独立戦争から第一次、第二次、朝鮮、ベトナム、アフガン、湾岸……等
たくさんの経験者がおり、退役軍人の会で体験を話すシーンがあって、大分日本とは事情が違うのを感じたりしました。
これはWOWOWで放送があったら、ぜひ見直さなければならない作品だなと、終わってから思いました。
なかなかの映画体験でした。


[340] Re:[339] 監督成瀬巳喜男全作品と生涯の訂正 投稿者:映画ファン 投稿日:2022/01/26(Wed) 07:19  

不覚です。
訂正、ありがとうございます。

>  投稿の中で俳優の名前が間違っていたので訂正します
>  
>  夫を亡くした後クリーニング店の仕事を親身になって助ける職人の名前
>  加藤大介→加東大介です


[339] 監督成瀬巳喜男全作品と生涯の訂正 投稿者:くるるっぴ 投稿日:2022/01/25(Tue) 11:03  

 投稿の中で俳優の名前が間違っていたので訂正します
 
 夫を亡くした後クリーニング店の仕事を親身になって助ける職人の名前
 加藤大介→加東大介です


[338] 『監督成瀬巳喜男全作品と生涯』 投稿者:映画ファン 投稿日:2022/01/24(Mon) 07:19  

タイトルの本を読んでいます。
著者は千葉伸夫という人、森話社というところから出ています。
成瀬巳喜男が若い頃、千葉早智子という女優と結婚したのだけれど後に離婚していて、
どうして離婚したんだろうとずっと疑問でしたが、
そのことも書いています。
また名作「おかあさん」という映画。
お母さんが田中絹代で長女が香川京子、夫を亡くした後クリーニング店の仕事を親身に助ける職人の加藤大介など。
庶民の暮らしを描いた傑作ですが、
そこに親戚のもらわれていく次女の小学生が榎並啓子といって
後の江波杏子だと書いています。
これは意外でびっくりしました。


[337] 障害者俳優 投稿者:映画ファン 投稿日:2022/01/22(Sat) 08:37  

Eテレの番組について。
それは俳優志望の若者たちがワークショップに参加する。
そこでテーマに沿って即興劇を演じるのを宮本亜門が見て講評する。
そうしたら、みんながみんな、車椅子に乗っている人も、聾唖の人も、健常者として演じようとする。
それは、彼らもプロになりたくてオーディションなんかも受けているわけですが一回も受かったことがない。
障害者の役でも受からない。
だから採用の機会を広げるために健常者役もできるようになりたい思うのだけれど
障害者(特に身体)に健常者の動きができるわけがない。
そこで宮本亜門は、障害者だったら障害者をえんじなきゃと言う。
つまり、日本の芸能界では障害者の役も障害者に演じさせない風土がある。
無意識のうちに(意識的かもしれないが)障害者を排除しているような風潮があるというわけです。
別の番組では舞台の「チョコレートドーナツ」でダウン症役の少年をダウン症の少年を宮本亜門がオーディションで選んで演出するのを見ました。
映画って俳優が有名であればいいというわけではない。
無名でも、その映画のテーマに合っておれば、有名無名は関係ないと思う。
Codaの家族は、それが本当にもうぴったりだった。
日本にも神部浩がいるが、どんどん有望な障害者俳優ができてくることを期待する。


[336] Codaあいのうた 投稿者:映画ファン 投稿日:2022/01/22(Sat) 08:14  

イオンシネマで「Codaあいのうた」をみてきました。
コロナ新規感染者が増えて、また座れる席に制限ができていました。
あまり集客を期待していないのか、一番狭い部屋。
それなのに、どこでこの映画のことを知ったのか、ずいぶん多くの人が来ていました。
ボクはネットで無作為に調べていて見つけて、これは面白そうだと感じたのです。
それで、みる会の例会にできないのかなと思ったのですが、イオンで公開になりました。
ポスターによるとアカデミー賞候補だそうです。
聾唖者ばかりの家族のなかで唯一の健聴者。
それで常に家族から通訳として頼られている。
本当は好きな歌を勉強するためにバークレー音楽学院へ入りたいのに。
それをあきらめるか、どうするか。
何か面白そうじゃありませんか。
見てみて、本当に期待通り、というか、期待以上でした。
普通の人の生活を普通に描きながら深く大きな感動を味わいました。
俳優も知らない人ばかりです。
後で調べて驚いたのですが、聾唖者の両親、兄を演じた俳優自身が聾唖者だそうです。
すごく個性的でユーモアたっぷり。
バイタリティーがあって魅力的。
それでいて、娘のコンサートで、まわりの人が聞こえているのに、自分は聞こえない……という微妙な気持ちを表現できているのは、やっぱり彼が本当の聾唖者だからでしょう。
アメリカは、こんな障害者の劇団がプロとして存在していて、その裾野が広いというのを聞いたことがあります。
日本では、障害者役は普通の俳優が演じるのが普通です。
NHKEテレの障害者のワークショップ番組で、障害者の俳優志望の若者が出た番組がありました。
そこでゲストの宮本亜門が言っていましたが、日本でも障害者役は本当の障害者が演じるべきだと。
それがアメリカでは普通に行われているのですね。
これ本当にいい映画ですよ。
ひょっとしてヒットするかも。
ヒットしなくて見てほしい映画です。


[335] 市役所割 投稿者:映画ファン 投稿日:2022/01/20(Thu) 08:03  

アメリカドキュメンタリー界の巨匠ワイズマン監督の新作「ボストン市庁舎」がいよいよ明日から公開。
徳島のufotableCINEMAでも封切られます。
4時間の長尺なので、代金も2800円(シニアは2500円・障害者2000円)。
ところが、この映画に限り、市役所割(市役所だけでなく役所関係者全般が対象)というのがあって2200円に。
この映画、ボストン市庁舎(日本でいえば市役所)の仕事に密着、市長・職員・またはそこを訪れる市民に密着記録したのもです。
予告編によると、そこは市民本位のサービスがよさそうな市役所です。
本当にこの機会に徳島市、徳島県、他の市町村、また他の公務員の方々にみてもらって、アメリカのいいところを大いに参考にしてもらえればと思うのですが……。
果たして何人の公務員が見に来てくれるのでしょうか。
ワイズマン監督の作品は去年、図書館の映画がここで公開されていて、今回ワイズマン第2弾になります。
ワイズマンドキュメンタリーはナレーションがなく映像だけですが、巧みな編集で、思わず目を見張るものがあります。


[334] 映画の本 投稿者:映画ファン 投稿日:2022/01/19(Wed) 08:03  

文化の森で借りた
千葉伸夫『監督成瀬巳喜男 全作品と生涯』
を読み始めました。
これ、けっこう面白いです。
ボクは、溝口健二や小津安二郎、黒澤明や木下恵介より成瀬巳喜男が好きです。
「秋立ちぬ」
が地味だけど好きです。


[333] ufotableCINEMAにて 投稿者:映画ファン 投稿日:2022/01/18(Tue) 07:14  

月曜日の昼下がり。
空は雲に覆われた冬の空。
ちょっと寒い。
映画「フォーリング」をみるためにufotableCINEMAに出かけた。
反応の悪い非接触温度計は、今日も反応しない。
売り場でチケットを求める。
店員さんはマニュアル通りの対応。
「座席は、どこのなさいますか?全部空いていますけど」
と言われたとき、思わずマスクの裏で苦笑。
12:20〜14:20の間、スクリーンを独占した。
贅沢だけど、ちょっと寂しい。
帰り道は寒くて急ぎ足になった。


[332] 2022年1月例会報告 投稿者:事務局 投稿日:2022/01/17(Mon) 07:15  

急なコロナ感染者の増加、しかも夜半にサイレンが鳴り、思いにもよらない津波注意報。
いろいろなことが重なった日、どうなるものかと思ったのですが、
参加した会員さんたちは案外、淡々として映画を楽しんで(苦しい内容の映画でしたが)くれました。
参加人数も、心配したほどでもなく、少し少なかった程度でした。
今年も地道に進んでいこうと思います。

10:30からの回……会員90人招待3人入会2人 計95人
13:10からの回……会員81人      入会1人 計82人
15:50からの回……会員47人            計47人
18:30からの回……会員28人      入会1人 計29人

思ったほど入会がないなあと、片付けかけたときに1人の男性の入会があったのが、すごく嬉しかったです。

なお、みる回継続支援金は

   7197円

でした。こんな生活も大変なときに、心のこもった支援、有り難い限りです。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -