徳島でみれない映画を見る会 掲示板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[165] 心の傷を癒やすということ 投稿者:映画ファン 投稿日:2021/04/13(Tue) 07:09  

月曜の11:45からUFOテーブルシネマで
「心の傷を癒やすということ」
を見てきました。
観客は、ボクともう一人男性だけ。
いい映画でした。
NHKのドラマだったものをえいがのかたちに編集したものらしい。
主演は柄本佑ですが、懐かしい近藤正臣がいい味を出していました。
こういうタイトルの本を出した有名な精神科医の生い立ちを描いています。
4/22(木)までの上映。
お見逃しなく。


[164] 8月例会作品決定! 投稿者:事務局 投稿日:2021/04/10(Sat) 07:46  

8月例会作品が決定しました。

8月22日(日)

「パヴァロッティ 太陽のテノール」(英=米 1時間55分)

神の声を持つと言われたオペラ歌手、ルチアーノ・バヴァロッティの生涯をロン・ハワード監督がドキュメンタリー映画化。
絶頂期のパフォーマンスや貴重なプライベート映像、関係者へのインタビューで、彼の輝かしい日々を浮き彫りにする。


[163] 徳島でみられる映画 投稿者:事務局 投稿日:2021/04/05(Mon) 13:17  

例会感想に寄せられたリクエスト作品で、徳島で劇場公開されるため例会候補佳作からはずれてしまう映画を紹介します。
是非映画館でご鑑賞ください。

「心の傷を癒やすということ」4/9(金)〜22(木)UFOテーブルシネマ
「滑走路」4/16(金)〜29(木)UFOテーブルシネマ
「スタントウーマン」4/30(金)〜5/13(木)UFOテーブルシネマ


[162] 佐々部清監督遺作公開 投稿者:事務局 投稿日:2021/04/05(Mon) 13:11  

本会20周年行事で講演に来ていただいたこともある佐々部清監督。
残念ながら、昨年新作準備中に急逝されましたが、彼の遺作となった
「大綱引きの恋」
が徳島で公開されます。
5月7日(金)より
イオンシネマで封切りです。



[161] 候補作追加 投稿者:事務局 投稿日:2021/04/04(Sun) 07:16  

候補作、忘れていた1本がありました。

「博士と狂人」(英=アイルランド=仏=アイスランド 2時間4分)


[160] これからの例会の候補作 投稿者:事務局 投稿日:2021/04/03(Sat) 07:33  

こんな作品が候補作に出ています。
タイトルだけですが、紹介いたします。

「バヴァロッティ 太陽のテノール」(英=米 1時間55分)ドキュメンタリー。
「パピチャ 未来へのランウェイ」(仏=アルジェリア=ベルギー=カタール 1時間49分)
「わたしの叔父さん」(デンマーク 1時間50分)
「春江水暖〜しゅんこうすいだん」(中国 2時間30分)
「声優夫婦の甘くない生活」(イスラエル 1時間28分)
「ブータン 山の教室」(ブータン 1時間50分)

あなたは何が見たいですか?


[159] キム・ジヨンの原作本を読んでいます 投稿者:映画ファン 投稿日:2021/03/29(Mon) 09:28  

4月例会が近づいたので、アマゾンの古本で買っておいた
「82年生まれ、キム・ジヨン」
の原作本を本棚から取り出しました。
読み出したら、面白くて(というか深刻?切実?)でやめられなくなりました。
(ちなみにボクは男性ですが.女性なら、もっと深刻かも)
この本は県立図書館にはありますが、それは韓国語です。
それで、ボクはどうしても気になったのでアマゾンで購入しました。
読みながら、それだけの価値はあると思いました。


[158] 騙し絵の牙 投稿者:映画ファン 投稿日:2021/03/27(Sat) 07:42  

昨年来に予告編を見て以来、待望の
「騙し絵の牙」
をみてきました。
監督の吉田大八の映画は面白くて、ずっとみてきたし、主演の大泉洋は大ファンだし、本好きのボクにしたら出版界の話は大いに興味はある。
テレビでも力を入れて宣伝しているから平日の9:40からにしては、中高年を中心によく入っていた。
2回どんでん返しがあって、まさに宣伝通り「騙し」の映画の本領を発揮しているが、宣伝ほど衝撃的ではなかった。
ヒッチコックの「サイコ」をみたときのような驚きまでは至らない。
期待が大きいだけに、そこまでいっていない感じ……かな。
文学を扱っている割に俗っぽい話で、オチもずいぶん健康的過ぎた……かな。
もっとブラックユーモアというか人間喜劇的なものにいって欲しかったような。
しかし、よくできた娯楽作には間違いない。
合格!


[157] ミナリ 投稿者:映画ファン 投稿日:2021/03/23(Tue) 06:39  

イオンで「ミナリ」を見ました。
アメリカ移民の韓国人家族を映画いた映画。
むしろ悲劇的なストーリーなのですが、何というか壮大な時の流れというのを感じさせる力作です。
「パラサイト」よりアカデミー賞向きかもしれません。
帰りに映画を1000円で見れるというカードのことを聞いてみたのですが、酢も歩がなければダメだと言われて断念しました。


[156] 北島で見た 投稿者:映画ファン 投稿日:2021/03/21(Sun) 07:13  

北島シネマサンシャインで
「まともじゃないのは君も一緒」
を見てきました。
意外に、単独のおじさんが多かったです。
前田弘二は大好きな監督です。
清原果耶・成田凌がいい味を出していました。
心地よい時間を過ごせました。
映画館を出た後、スーパービッグで、メンチカツサンドとヒレカツを買って、向かいの大塚薬品の公開している公園で食べました。
ここは、平日昼間だけの公開ですが、3月末〜4月初めの花見時は夜間まで公開して、飲食も可(ゴミ持ち帰り)だそうです。
行ってみようかな。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -