徳島でみれない映画を見る会 掲示板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[170] 緊急事態宣言が…… 投稿者:映画ファン 投稿日:2021/04/23(Fri) 08:05  

どうやら東京・大阪などに緊急事態宣言が出るということで
映画館にも影響が出そうです。
いつもならイオンシネマのホームページには、水曜に番組の変わる金曜のスケジュールが出て
木曜には、金曜から1週間分のが出るのですが、
今週は水曜にも木曜にも金曜の番組が出ませんでした。
これは、イオングループは都会に合わせて全国で閉館になるのかと心配したのですが
今日見ると、今日(金曜)1日だけの番組が出ていました。
明日以降も流動的なようです。
映画館は、換気ができていて安心と、あんなに宣伝しているに……
去年みたいになったらと思うと、がっかりです。
気が気ではないです。


[169] 滑走路 投稿者:映画ファン 投稿日:2021/04/19(Mon) 08:03  

UFOテーブルシネマで「滑走路」を見ました。
よくまとまった内容で、終わりまで惹きつけられてみました。
水川あさみが、夫に「あなたの子どもだから堕ろした」と嘘を言って、実は離婚した後、出産していたというのは、
いろいろな解釈のしかたがあって、一つ間違ったらブラックユーモアだと思ってしまいました。
虐められていた子を助けて、今度は自分が虐めの標的になった子が後に自殺する。
回想シーンでは彼の方が主役なのだが、現在のシーンでは、
最初に虐められていて不登校になり、助けた彼に「助けなくてよかったのに」と言っていた方の子が
厚生労働省の官僚になって主人公になっているという設定に、いささか混乱した。
虐められて、虐めているボスが、そのことを母親に言うというのを何故あんなに拒否するのかも不可解。
それが元で自死してしまうというのも、どうなんだろう。
現代社会が、そのくらい複雑なのかということか。
いろいろ考えされる映画ではある。
映画の発想の元になっている歌集の歌人は自死している。


[168] HP投稿 投稿者:事務局 投稿日:2021/04/19(Mon) 07:51  

昨日の例会でお配りした資料に、このHPを宣伝した冊子を入れてもらいました。
そこで、この掲示板への投稿を呼びかける文章を書いています。
それを読んで、だれか投稿してくれたら、うれしいな。
ぜひ、お願います。


[167] 4月例会報告 投稿者:事務局 投稿日:2021/04/19(Mon) 07:48  

徳島でも連日コロナ感染が30〜40人と出て、
これは例会はどうなるだろう、
参加してくれる人が減るのではと不安を抱えながら当日を迎えました。
参加状況は次の通り。

10:30からの回……会員74人招待1人入会5人
13:10からの回……会員65人招待8人
15:50からの回……会員56人招待2人入会2人
18:30からの回……会員40人    入会3人

合計256人の参加でした。
若干少ないとはいえ、まあまあの結果だったのではないかと、ほっと安心。
そして、各回の上映前に、会の現状について、参加したみなさんに報告して、招待券を活用してのお誘いを呼びかけました。
話してみての反応としては、何となく、これからのことについて希望が見えたような気がしたのですが、どうでしょうか?
10人の入会、また郵貯の引き落とし用紙を3人の方が持ってきてくれました。
会員が急に増えなくても、地道に現状を維持していければと、ささやかながら願っております。
どうか、これからもご支援をお願いいたします。


[166] 上映予定 投稿者:映画ファン 投稿日:2021/04/13(Tue) 07:15  

UFOテーブルシネマ、新しいチラシが並んでいました。
日程は未定ですが、好作品がラインナップされています。

「ブックセラーズ」
「ボクが跳びはねる理由」
「グンダーマン優しき裏切り者の歌」
「ジャンク・ヘッド」
「ブルー」
「ステージマザー」
など。


[165] 心の傷を癒やすということ 投稿者:映画ファン 投稿日:2021/04/13(Tue) 07:09  

月曜の11:45からUFOテーブルシネマで
「心の傷を癒やすということ」
を見てきました。
観客は、ボクともう一人男性だけ。
いい映画でした。
NHKのドラマだったものをえいがのかたちに編集したものらしい。
主演は柄本佑ですが、懐かしい近藤正臣がいい味を出していました。
こういうタイトルの本を出した有名な精神科医の生い立ちを描いています。
4/22(木)までの上映。
お見逃しなく。


[164] 8月例会作品決定! 投稿者:事務局 投稿日:2021/04/10(Sat) 07:46  

8月例会作品が決定しました。

8月22日(日)

「パヴァロッティ 太陽のテノール」(英=米 1時間55分)

神の声を持つと言われたオペラ歌手、ルチアーノ・バヴァロッティの生涯をロン・ハワード監督がドキュメンタリー映画化。
絶頂期のパフォーマンスや貴重なプライベート映像、関係者へのインタビューで、彼の輝かしい日々を浮き彫りにする。


[163] 徳島でみられる映画 投稿者:事務局 投稿日:2021/04/05(Mon) 13:17  

例会感想に寄せられたリクエスト作品で、徳島で劇場公開されるため例会候補佳作からはずれてしまう映画を紹介します。
是非映画館でご鑑賞ください。

「心の傷を癒やすということ」4/9(金)〜22(木)UFOテーブルシネマ
「滑走路」4/16(金)〜29(木)UFOテーブルシネマ
「スタントウーマン」4/30(金)〜5/13(木)UFOテーブルシネマ


[162] 佐々部清監督遺作公開 投稿者:事務局 投稿日:2021/04/05(Mon) 13:11  

本会20周年行事で講演に来ていただいたこともある佐々部清監督。
残念ながら、昨年新作準備中に急逝されましたが、彼の遺作となった
「大綱引きの恋」
が徳島で公開されます。
5月7日(金)より
イオンシネマで封切りです。



[161] 候補作追加 投稿者:事務局 投稿日:2021/04/04(Sun) 07:16  

候補作、忘れていた1本がありました。

「博士と狂人」(英=アイルランド=仏=アイスランド 2時間4分)


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -