徳島でみれない映画を見る会 掲示板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[113] シビックセンターへ 投稿者:事務局 投稿日:2020/05/17(Sun) 07:15  

6月例会が再開できるかということで雨の中シビックセンターへ行ってみました。
3〜4階のホールは入ることができず電気もついていませんでした。
事務所で聞くと、現在のところ24日までは閉館ということだけで、その後のことは何も決まっていないというか上の方からは何も言ってきていないということでした。
25日から開館するのか、開館したとして県が言っているイベントは50人以下に抑えられるのか何も分からないということでした。
分かり次第連絡をくれると言うことで帰ってきましたが、まあなるようにしかならないということです。
じっくり構えたいと思います。


[112] 徐々に再開 投稿者:映画ファン 投稿日:2020/05/14(Thu) 06:45  

北島シネマサンシャインに続き、イオンシネマも18日から再開が決定!
少しずつ映画のある日々が帰ってくる。
わくわくします。
でも、緊張感は保ちつつ。
コロナ対策は万全に。
しかし、金曜からの北島のラインナップは休業前と同じで旧作中心で、食指が動きませんでした。
イオンに期待します。


[111] 映画館の再開 投稿者:映画ファン 投稿日:2020/05/09(Sat) 07:45  

少しずつ映画館が再開されるようです。 
北島シネマサンシャインが、5月15日から再開。
高松のソレイユも5月15日から。
イオン、UFOテーブルシネマは、また未定です 


[110] 映画館、再開されるかなあ…… 投稿者:映画ファン 投稿日:2020/05/08(Fri) 07:18  

新型コロナウィルスの感染も、ようやく減少の兆しが見えてきたのではないでしょうか。
徳島県の施設も9日から再開されることが決まりました。
徳島市の施設はまだのようですが。
例会会場のシビックセンターの再開が待たれます。
ひょっとしたら14日には緊急事態宣言の解除も。
そうなったら映画館も!
今まで貯まりに貯まった新作の公開が楽しみです。
あれもこれもと全部見るだけの体力を今から温存しておかなければ。 


[109] 「無垢なる証人」の紹介 投稿者:事務局 投稿日:2020/04/23(Thu) 07:05  

 9月例会に予定されている「無垢なる証人」について紹介します。

「無垢なる証人」(韓国 2時間9分)
「アシュラ」のチョン・ウソンが、正義と野心に揺れる弁護士に扮したヒューマンドラマ。
弁護師スノは、殺人事件の容疑者の無罪を立証するために、唯一の目撃者である少女ジウを証人として立たせようとする。
だが、ジウは意思疎通もできないほどの自閉症を抱えていた。


[108] 今後の予定 投稿者:事務局 投稿日:2020/04/23(Thu) 06:58  

 思いにもよらぬ新型コロナウィルスの感染の広がり、一向に終息の兆しが見えてこない中で、本会の予定も立てては壊れ立てては壊れと言う状態になっています。
一応の今現在の計画を報告しておきます。

6月例会 6月14日(日)「田園の守り人たち」

7月例会 7月19日(日)「私のちいさなお葬式」

臨時例会 7月23日(木・祝) 「エセルとアーネスト」再上映 あわぎんホール5階小ホール

8月例会 8月16日(日)「存在のない子供たち」

9月例会 9月20日(日)「無垢なる証人」

6月例会が無理ということになれば、このラインナップのまま順延される予定です。


[107] ダブルショック! 投稿者:スターダスト 投稿日:2020/04/22(Wed) 07:23  

映画館が閉館になり外出の機会が減りました。
それなら図書館へ。
今まで県立と市立の両図書館でそれぞれ何冊も借りて、だらだらと読んだり、中には読まないまま返したりしていたのを、分厚い1冊を借りて、その1冊を集中して読もう、その手始めは、この間市立図書館で見つけた『サイレント映画の黄金時代』にしよう、そしてその帰りにツタヤに寄って、今散歩中に文庫本で読んでいる『血と骨』の映画版を借りて、もう一回見てみようと計画していた矢先、あ、大阪では図書館は閉館になっていたぞと気がついたのも手遅れ、市立は閉館、県立は返却のみの限定開館となってしまった。
1日遅れであった。
まあ、こうなったら仕方がない、いま県立で借りていて読まないまま返そうと思っていた『パチンコ産業史』に関心を振り向けることにしようか。いいきっかけだ。図書館は閉館になるが本は逃げては行かないもの。


[106] 例会延期します 投稿者:事務局 投稿日:2020/04/22(Wed) 06:49  

 新型コロナウィルス感染による緊急事態宣言が徳島県にも拡大されて、既に休館になっていたUFOテーブルシネマに加えてイオンシネマ、北島シネマサンシャインも閉館となり、徳島では(というより日本全体で)映画を上映しているところはひとつもなくなりました。
さらにずっと感染者の出ていなかった徳島で新たに2人の感染が報告され、それにより県市の施設の閉館(とりあえず5月の連休まで)が決定しました。
それにともない本例会の会場であるシビックセンターも閉館、例会の開催は不可能となりました。
非常に残念ではありますが5月例会も4月に引き続いて中止となります。
運営委員会としては、少なくとも緊急事態宣言の解除を第一条件として、解除され次第例会を再開する予定です。
少しでも早くの解除を願うばかりですが、この状態がいつまで続くかは誰も分かりません。
こういう形になりましたので4月末からの郵便貯金からの引き落としは停止します。
3月の「エセルとアーネスト」の再上映も棚上げになりますが、これも緊急事態宣言の解除があれば必ず実施いたしますので、今は未来を信じて根気よく待つことをお願いいたします。
会員のみな様、映画を愛する徳島のみな様、よろしくお願いいたします。


[105] ついに来た 投稿者:映画ファン 投稿日:2020/04/18(Sat) 08:06  

緊急事態宣言が全国に広がるというニュースがあったので、これはとくしまも大阪東京なみに映画館が閉まると思って、金曜日、特に見たいという作品もなかったのだけれど、ともかくイオンシネマに出かけました。
9:00を過ぎて既に開館していましたが、客らしき人はおじいさんと女の人だけ。9:25の「永遠の門」というゴッホの伝記映画に入りましたが、一番大きいスクリーン1で客はボク一人でした。
映画はよかったけれど、家に帰って徳島県の対策が出て、やっぱり映画館はイオン、シネマサンシャインとも完全閉館になりました。寂しい限りですが、せめて最終日に行っておいてよかったと思いました。感染が収束して映画館が再開される日を待ち望むのみです。


[104] 最近の映画事情 投稿者:映画ファン 投稿日:2020/04/14(Tue) 08:41  

 UFOテーブルシネマは休館。イオンシネマ、シネマサンシャインは新作が入らず旧作のみの寂しいラインナップ。こうなったら高松のソレイユにでもと考えました。ちょうど5月に入ったら私好みの映画が封切り!と心躍らせていたのですが、ニュースで高松の保育所でクラスターの発生、香川は現在19人の感染、これでもう完全に高松行きは諦めました。今は映画ファンにとっては我慢の時ですね。録りためたDVDでもこの機会に鑑賞するか。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -