徳島でみれない映画を見る会 掲示板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[253] みる会存続基金9月報告 投稿者:事務局 投稿日:2021/09/20(Mon) 18:41  

みる会存続基金、9月例会は次のような金額が集まりました。

   12,440円

ご協力いただき、ありがとうございました。
有効に使わせていただきます。

なお、会員数は現在446人です。


[252] 9月例会報告 投稿者:事務局 投稿日:2021/09/20(Mon) 08:15  

市の感染対策アラートは高いままで4回目の上映はありませんでした。
そのため1〜2回目においでた方もあったようで3回の上映で、けっこうたくさんの方が鑑賞しました。
イタリアオペラのスター歌手のドキュメンタリーということで関心も高く、久しぶりに9人の入会。
上映が終わって出てきた皆さんの感想も、いたってよかったと思います。
感想文も多かったです。
実際に横浜でパヴァロッティを含む3大テノールのコンサートに行かれた方もおり、当時の感動を思い出されてようでした。

10:30からの回……会員99人 招待1人 入会5人
13:10からの回……会員93人 招待3人 入会2人
15:50からの回……会員48人 招待1人 入会2人

合計254人の入場でした。

中古パンフを手に取られる方も多く、今月もたくさんのカンパを頂いたようです。
ありがとうございました。


[251] パンフレット 投稿者:事務局 投稿日:2021/09/16(Thu) 11:18  

前々例会から、みる会存続基金として、会事務局に残っている売れ残りパンフレットを1冊100円で販売しました。
たくさんの会員さんのご厚意のおかげで、たくさんの基金が集まっております。
ところで、これを見た一会員さんが「よかったらご活用ください」とパンフレットのコレクションを持ってきてくれました。
9月例会に持って行きます。
「エデンの東」や「風と共に去りぬ」「ゴジラ対モスラ」など、ちょっとお宝に近いものも。
早い者勝ちですよ。


[250] 共謀家族 投稿者:映画ファン 投稿日:2021/09/16(Thu) 07:29  

イオンで今日までの限定上映された「共謀家族」。
中国映画だというので、最近はアジア映画の上映は珍しいので出かけました。
始まって、これ中国映画か?
言葉が中国語じゃない。
お金の単位が「バーツ」だからタイ映画だと思った。
それにしてもストーリーが嫌に派手、大げさ、あり得ない、うまくまとまりすぎ。
後で調べたら、元はインド映画。
それを中国がリメイク。
俳優は中国人。
中国人がタイに移住して生活しているという設定だった。
監督はマレー人で台湾に移住している。
何とも多国籍、異国籍映画だった。
見る前にイメージしていたのとまったく違った映画でした。
今日見ないともう見られません。


[249] せんせい、私の隣に座っていただけませんか? 投稿者:映画ファン 投稿日:2021/09/12(Sun) 09:08  

この映画、北島シネマサンシャインでしか上映されていません。
すごく面白かったです。
「キャラクター」とか「鳩の撃退法」とか
現実と虚構が入り混じる、小説に書いたことが現実になるとか、現実を小説に書いているのではないかとか
そういう作品が相次ぎましたが
これもそういうジャンルではないかと思います。
気になる方、詳細は映画を見てください。
監督さんとか知らない人です。
調べたら、この映画は
TSUTAY SCREATOR`S PROGRAM FILM2018準グランプリ
だそうです。
企画コンクール〜コンペみたいなのに応募して、それでできた映画のようです。
出てくる人は本当に少し。
漫画家の女性、その夫、編集者の女性、自動車免許教習所の男性教官、女性の母親だけです。
何回ものどんでん返しあり。
あー、もう何も言わない方がいいですね。
ぜひ見てください。


[248] 「花束みたいな恋をした」は予想を超える作品 投稿者:映画ファン 投稿日:2021/09/12(Sun) 08:49  

藍住の文化ホールで「花束みたいな恋をした」の上映会があって行ってきました。
監督の土井裕泰さんの映画は「ハナミズキ」「糸」「涙そうそう」などの歌謡映画で
まあお涙ちょうだい・すれ違い・純愛……の通俗メロドラマですが、けっこう好きでしたが、
この映画もその調子だろう、だからそろそろいいか、と見落としていました。
でも、せっかくのチャンスだからと見たのですが……!!!
すごく良い映画でした。
これまでの作品とは違って、何か嘘でないものがありました。
男女が出会い、好きになり、同棲して、夢を語り合うが、現実は厳しく、現実に生きようとしたとき
夢ばかり言っておられず、心の中では違うのだが、相手を傷つけてしまい、いつか心が離れていき、別れていく。
そんな、誰にでも少しはあったような男女の機微を見せてくれたような映画でした。
どちらも悪くはない。人生って、そういうものだというラストシーンでした。
エンドロールの優しいイラストやBGMが心を癒やしてくれます。
これは大人の映画ですね。
いろいろなほろ苦い経験を経ていた大人こそ分かる映画だと思いました。
監督の土井裕泰さんは通俗的な作品で職人芸を振るってきた人ですが、「罪の声」でキネ旬ベストテンに入り
こういう人が評価されるのは良いことだと思っていました。
でも「花束みたいな恋をした」はそれ以上じゃないか。
脚本は数々のヒットレビとドラマを書いてきた売れっ子の人です。
この映画がたくさんの観客を動員したというのが分かりました。
観て良かったです。



[247] 話題のドキュメンタリー徳島解禁 投稿者:映画ファン 投稿日:2021/09/11(Sat) 07:08  

話題のドキュメンタリー映画「パンケーキを毒味する」がいよいよ徳島で封切り!
さっそくイオンシネマに出かけました。
早く着きすぎたら、もう2人の人が待っていました。(まだ開館していない)
9:00の開館を待ちかねたように続々と人が集まってきます。(毀滅の刃とは桁が2〜3つ違うが)
イオンで一番狭い部屋に30人は入っていたと思う。
インタビューとかイメージのアニメ、それから実写映像とかでS現首相のことを分かりやすく解説していました。
今となっては10月には平議員にもドルということが分かっているので
あー、こんな人が1年間国のリーダーをしていたのかという感慨を抱きました。
これは、今こそ知りたいと思うことを映像化した企画だと思いました。
徳島でも関心のある人に、そこそこヒットするのではと思わせました。
だれか「N市長の真実」なんてのを撮ってくれないかな……



[246] 勝手にしやがれ 投稿者:映画ファン 投稿日:2021/09/09(Thu) 07:28  

ジャン・ポール・ベルモントが死去しました。
ベルモントといえば「勝手にしやがれ」
ゴダールのデビュー作で、ヌーベルバーグの代表作です。
この映画のことで面白いことを聞きました。
この日本タイトルは、某評論家がつけたとのこと。
原題は何と「息も絶え絶え」だった。
これは断然、邦題のほうがいいいですよね。
映画の内容としては原題の方がわかりやすいけどね。


[245] ドライブ・マイ・カー 投稿者:映画ファン 投稿日:2021/09/08(Wed) 06:52  

「ドライブ・マイ・カー」がイオンでも上映。
9/10(金)から。
1日2回上映です。
詳しくはホームページで。


[244] 封切り延期になっていた作品 投稿者:映画ファン 投稿日:2021/09/05(Sun) 09:41  

このコロナ禍で封切り延期になっていた作品が、そろそろ解禁になりそうです。
まず10月1日から「007 no time to die」
10月15日から「燃えよ剣」
ファンにとっては、いよいよという感じですね。
でも「峠」は、できるだけたくさんの人に観てもらうために来年まで封印だそうです。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -